海外赴任の英語勉強法

海外赴任が決まったが、英語の勉強法はどうしたらいいのか・・・。

私の経験をもとに、お話したいと思います。

英語の勉強法には、大きく分けると2つの方法があります。

1つは、英語力全体を向上させるための学習方法。

もう1つは、短期促成、とにかく最低限必要な会話『だけ』を詰め込んでしまう学習法。

どちらの方法にも長所と短所があります。

まず英語力全体を向上させるための勉強法ですが、

短所は「時間がかかる」こと。

まず基礎固めをして、それから徐々にレベルをアップさせていく・・・。

学習形態としては理想的ではありますが、これはとにかく時間がかかります。

例を挙げると、TOEICのスコアを100点を上げるために必要な平均学習勉強時間は、個人差はあるでしょうがだいたい、

200点から300点 ⇒ 500〜600時間
300点から400点 ⇒ 500〜600時間
400点から500点 ⇒ 250〜300時間

のように言われています。

高校3年生の平均スコアは約410点と言われていますが、進学校に通って、トップレベルの有名大学に合格するような優秀な人を含んでの数字ですから、まあ現実は300点代の人が多いでしょう。ちなみに、私もそうでした・・・。

で、この300点台から、TOEIC700点台の目安「会議の案内等の社内文書・通達を、読んで理解できる。」「自分の仕事に関連した日常業務のやりかたについての説明を理解できる。」(TOEIC公式サイトより)までには、もう途方もない時間が要るわけです。

海外赴任前ともなれば、仕事の上での準備だけでなく、住民票やら何やらの準備にもえらく時間がかかります。

ハッキリ言って、じっくり英語を勉強している時間などほとんど取れない・・・のが実情です。

ですから、海外赴任前の英語勉強法としては、まずは「短期促成、とにかく最低限必要な会話『だけ』を詰め込んでしまう」のが現実的ですし、現地に赴任してからもずっと役に立ちます。

ただ短所は、応用が効かないこと。

仕事上の話はなんとかこなせても、そこから少しでも外れてしまうと話が続かない。仕事中はまだいいけど、業務外の時間の雑談的な会話は全然ダメ・・・。

これがこの学習法の大きな欠点です。

ですから、

赴任前はビジネス英語PLUSで必要な英語を詰め込んで学習。

赴任後に、じっくり腰を据えて基礎から英語力を伸ばす学習をしていく。

海外赴任前の英語勉強法としては、一番オススメできる方法です。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP